新米スタッフが

「里山暮らし応援隊」との出会いから、

  いろんな方にお話をきいてみました。


2016.5月某日 

山鹿市に移住されたNさんにお聞きしました。

Nさん: 家族構成 2名

       移住歴 1年(山鹿市)

  ライフスタイル 自然農

①よかったこと

 自然環境の良さです。

 

②大変だったこと

 家の片付け・掃除、改修です。

 

③困ったこと

 ・契約時にはわからなかった、雨漏りや水道管の水漏れ、田畑の不具合などの対応。

 

 ・地域の習慣がよくわからなかったこと

自分の地域の将来像を描き、地域がどうなったらよいかをイメージして、今後の移住や定住、空き家への対応を考えておくと良いと思う。区としての考えを話し合う機会も持っておくと良いですね。

移住を考えられた当時、お住まいだったのは奈良県。


当初は奈良(近畿)で捜されたそうです。

ですが、お二人の出身地が福岡県であることや、お母様のふるさとが熊本県だったことから、近くが良いと考えたそうです。

 

その事を知ったご親戚が、熊本県菊池市に所有している空き家あり、提供してくださったそうです。

Nさんたちは、その家を仮住まいとし、自分たちの希望の地を捜したそうです。

その際に、「里山暮らし応援隊」のHPを見つけ、私達との出会いがありました。

 

そして仮住まいから1年、すてきなご縁がありました。

ある程度の資金(貯金)をもって移住する準備期間が必要です。そして、仕事が出来る環境と自分のライフスタイルの確立をすること。

 

覚悟は、田舎暮らしであること。

地域への対応や虫(ムカデ)などの対応など、都会にない環境への適応が大事になります。

・衣・食・住を自立する地域

 

・食・エネルギー・ケア・コミュニケーションが自活できる地域

 

・自然農の暮らしが誰でも出来る環境

 

地域経済への良い関わりが出来る環境など

里山暮らし応援隊とゆかりのある、熊本に移住をされた方の運営されているサイト紹介です。

 

画像をクリックしていただくと、サイトに移動します。


ご協力ありがとうございました。
   Nさんの自然農の様子など、

 

   暮らしの学び場 アルモンデ

   

            で見ることができます。


           2016.7月某日

           菊池市に移住された、水口啓太郎さんにお聞きしました。

水口さん:家族構成 3名

          移住歴  3年(菊池市)

       ライフスタイル 百姓見習い

 

 

  

 

①よかったこと

地域の人が優しかったのと、熊本に来て食生活が変わった。

 

②大変だったこと

なんと言っても「言葉(方言)」です!! 

最初はコミュニケーションが難しかったけど、 熊本にきて5年目くらいでなんとか(笑)

 

③困ったこと

困ったこともポジティブに考える方なので、特に感じたことはないですね。

 

 

 

 

 

アドバイスといいますか、実際住んでみて感じたことは、

「地域の未来を見据えた交流」をしてほしい。

 

担い手のいない地域においては、5年10年と過ぎれば、限界集落になります。

そうならないために、「移住者」も「移住を受け入れる側」もお互いに"覚悟"が必要なのだと思います。

 

それぞれに地域性もありますし、まずは「食わず嫌い」にならないよう、ちょうどいい距離感を築くために、交流しながらお互いを知っていただけたらなと思います。

ご協力ありがとうございました。
   水口さんの活動は、

 

   整体処 みずのわ  

            で見ることができます。

 

元々は大阪府にお住まいで、当時はアパレル関係の仕事をされていたそうです。

さらなるスキルアップを目指し、単身オーストラリアへ。

しかし、オーストラリアでの壮大な自然に心を動かされ、自然と共に生きたいと帰国。

 

帰国後、ご友人が熊本県玉名市で「農苑」に携わっている事を知り、住み込みで働くため、玉名市へ。

 

ある日、住み込み先でふと手にとった一冊の本、この本をきっかけに心を動かされ、農苑をはなれる。

 

気づけば玉名での生活が3年を迎え、出来れば玉名で定住を・・・と、農地付の物件を探していたがなかなか見つからず、移住者・移住希望者の集まる会に出向いた際、「里山暮らし応援隊」の事を知り、その足で「里山暮らし応援隊」へ直行。

物件をご覧になったときに、直感で「ここだ!!」と感じたそうです。


 

 

 

自分の場合は、調べる前に行動!!です

 

もちろん調べて知っておくべきこともあるとは思いますが、調べすぎて行動が遅れてしまうよりも、「いいかも」と思う地域があったら、調べすぎず、現地へ行き、目で見て、体感してほしいと思っています。

まずは行動して、失敗して、そこから学んで次につなげるのも一つの考えかな、と思います。

 

覚悟は、地域との密着です。

 

地域にはさまざなま風習や区役、地域性があります。まずは、自分の持っている価値観だけで判断するのではなく、とりあえず体験してみること。菊池市に入る以前の自分にはその覚悟がなかったので、正直、地域の方々とコミュニケーションが思うようにとれませんでした。しかし覚悟して移住してからは、地域の風習を通して、コミュニケーションがたくさんとれるようになってきました。

 

 「郷に入っては郷に従え」ではないですが、まず経験してみなければ本質はわかりません。でも、すべてがそのままでいいとも自分は思ってはいないので、地域の未来のために変えていきたいなと思うことは、後々言っていきたいなと思います。

 

 

 

 

まず5年後の目標として、竹林にかかわっていきたいです。

居住空間が、「ぐちゃぐちゃな空間」と「きれいな空間」とでは、人の感じとるものがちがいます。居住区に限らず、少し視野を広げて地域でとらえても、竹林がきれいであれば、風景も変わり、感じ方や情報量が変わるのではないだろうかと思っています。

そのためにもまずは自分の地域から初めていきます。

 


2016.8月某日

菊池市に移住された生田さんにお聞きしました。

生田さん:家族構成 3名

          移住歴  5年(菊池市)

       ライフスタイル 自営業(半農半X)

 

①よかったこと

温泉が日常になったこと。

お水を汲むとろこがたくさんあったこと。

家から空港まで、車で1時間以内で行けること。

 

②大変だったこと

☆片付け

当初母子だけで来ていて、旦那さんが熊本と東京を行き来していたので、当時シェアをしていた家族の協力もあり、重い荷物を運ぶ際に手伝ってもらったり、子供をあずかってもらったりして、あとはほぼ一人で片付けました。

 

☆虫・爬虫類など

虫の量が多かったので怖かった。

空き家の期間が長いほど、動物たちの住処になる為、最初は蛇も出てきた。

2~3年で慣れたかな(笑)

対策として、アロマ(虫が嫌いそうな匂い)を焚きました。

 

☆冬が予想以上に寒かったこと。

こたつと石油ストーブだけでは、隙間風で家が全く温まらなかった。

 

 ③困ったこと

ショッピングやグルメの選択肢が少ないことかな。

5年後の集落の未来を見据えてほしい。

現役で行事を取り仕切ってらっしゃる世代のみなさんが、行事を維持するために次世代に継承するのか、しないのか。

ただ継承するのではなく、なんの意味があってこの行事は継承されるべきなのかを、空き家・高齢化の問題も含めて見据えていただけたらと思います。

 

区役も減っていき、ただ廃れていくだけになる。

区役に出ても役をこなすだけで、継承できているのか。・・・など

生田さん、ご協力ありがとうございました。

移住前は、東京都にお住まいだった生田さんファミリー。

前々から田舎暮らしを考えており、仕事の傍ら市民農園で作物を育てたり、自然農の勉強会に参加されていたそうです。

そんなある日、東日本大震災が起こり、放射能や食べ物・水のこと・・・恐怖に包まれた時、移住も含め本格的に家を探そうと思われたそうです。

 

田舎家を探すにもまずは知り合いから…と思い、広島に住む友人にたずねてみると、「田舎暮らしをしている親戚から、仲介がいないと集落に入るのは厳しいという話を聞いたよ」との情報が。

 

更新がストップしている空き家バンクも多く、「遠い未来なのかなぁ」と感じながらも探していると、SNSを通して、熊本で一時避難センターを開設していたS氏と知り合う。頼って行ってみると…なんと到着したその日にセンターが閉鎖。

 

今思えばこの出来事が、「自分たちの力でやるしかない‼」と思った瞬間だったそうです。

 

S氏に事情を話すと、「里山暮らし応援隊」を教えてもらい訪ねてみる。

その日のうちに、「物件を交渉するから、シェアハウスにするといいよ。」と言われ安堵し、荷物をまとめるために東京へ。

荷物をまとめ、まずは母子でシェアハウスへ。

現在のお住まいを見つけて入居されるまでには、期間が約4ヶ月ほどでした。

その間には、契約間近にみえた物件が突如親戚(持主方)の反対により白紙になったりと、悩ましい出来事もありましたが、里山暮らし応援隊スタッフのアドバイスもあり、新たに物件を見て回り、「ここにします‼」と現在お住まいの家に決められたそうです。

調べて知っておいたほうが良いと思うのは、

 

まず、『仕事』と『費用面』です。

それぞれ生活スタイルは違いますが、『仕事』は、ファミリー層にとっては深刻な問題ではないでしょうか?仕事を見据えた選択が必要だと思います。

また、田舎暮らし生活では車が必要不可欠です。場合によっては購入も考えなくてはなりませんし。現に、人口減少によりバスが廃線になった箇所は少なくありません。(ちなみに菊池市には、電車は通っていません)

移住ををするにあたっての費用だけではなく生活をしていく上で、当面の費用確保をしておいたほうがよいのではと思います。

 

次に、『子供の成長』です。

自分たちの希望だけではなく、子供の成長(周囲とのかかわり)も視野に入れたビジョンをもっておいたほうがいいと思います。昔は、自分たちで行っていた場所も、現代の子供たちは、送り迎えが必要だったり・・・。

 

覚悟しておいたほうがいいと思うことは、2つあります。

 

1つ目は、『集落とのかかわり』です。

主に、行事と区役です。

 

2つ目は、『片付け』と『虫・爬虫類など』です。

前にも書きましたが、空き家の期間が長いほど動物たちの住処になる為、片づけをする際には、本当に苦労しましたし、後々少なくなるとは思いますが、いなくなることはないです。

以前から自分の借りている畑が私には広かったので、ご近所みなさんの協力もあり、畑半分をみなさんと一緒に活用して、蕎麦を育てて食してます。

蕎麦種も、無農薬で継いできたものを蒔いています。

すでに3回目も終了していて、今度は蕎麦畑を少し拡大してみようか?という話になっています。そして、少しでも蕎麦粉として販売できるようになれば皆さんの収入になるのではないかと。

脱穀・製粉のコスト面の問題はありますが(汗)

その点も含め、これから楽しく進められたらいいなと思っています。

 


▲このページのトップへ